DSC06746
中国で生活、特に仕事をしている人なら、避けては通れない問題。それはクリーニングです。自宅で洗えない衣服を、どうにかしなければなりません。

私も溜まったスーツやコートを前に、どうするか迷いました。頭に浮かんだ選択肢は、
  • 日系クリーニング店
  • ローカルクリーニング店
の2つでしたが、評判が分からない超ローカルな店に頼むのは流石に心配。そこで、中国人の同僚に相談したところ、「アプリで注文出来る、安くて丁寧なのあるよ!」と、「e袋洗」という中国のサービスを教えてくれました。

普段なら迷わず日系サービスを除外するところですが、今回は(多少値が張る)スーツをダメにしてしまうのが怖かったので、慎重に検討しました。結局はe袋洗を選びましたが、今回は2編に分けて、
(1)本記事で両者の特徴を比較し、
(2)次の記事でe袋洗の使い方を解説したいと思います。

なお、中国のクリーニングは、家まで集荷と配達をしてくれることが多いので、今回の長短所の検討から、その点は除外します。

第2弾「使い方編(和訳付き)」はこちら↓

1. 日系クリーニング店の特徴

上海の日系クリーニングでは「ハルヤ」「みさえクリーニング」あたりが有名なようで、後者は日本人の知り合いにも利用者がいました。口コミとネットで集めた情報とを合わせると、日系クリーニングの特徴は以下のような感じだと思います。

長所
  • 日本語で注文可(電話またはWebサイト)
  • ゆったり納期なら割引がある
  • 曜日やエリアによって割引がある(割引が受けられない曜日・エリアもある)
短所
  • 基本価格が比較的高い
  • 定休日があり、(電話受付は)終了時間も比較的早い
  • プリペイド額の単位が大きい場合がある
日系の最大の利点は、やはり日本語が通じることでしょう。「何が何着」という注文を日本語でできることは、中国語が不得手なら、有難いことと思います。ただし、一般的に配達員は日本語不可なので、要注意。

一方で、定休日や営業時間のネックは、家事を担ってくれる方が家族にいるならともかく、単身者には痛いところ。計画的に予約しないと、週末に多少時間を取られるかもしれません。

また、プリペイドカードを採用しているお店には、入金が1,000元単位という所もあるようです。チャージ額が大きい場合、使い切る前に帰任になると、損する可能性があります。

2. e袋洗の特徴

Screenshot_2018-08-26-19-17-50-211_com.edaixi.activityScreenshot_2018-08-12-14-34-57-143_com.edaixi.activityScreenshot_2018-08-27-11-36-33-823_com.edaixi.activity
e袋洗は実店舗を持たず、発注からアフターサービスまでをアプリで網羅するクリーニングです。中国国内の30都市(北京、上海、広州、天津、杭州...その他諸々)で展開しており、アプリのデザインからは、かなり洗練されたイメージを受けます。こちらの特徴は、以下のとおりです。

長所
  • 営業時間が長い(集荷が9時~22時まで。1時間以内の呼出しも可)
  • 基本価格が安い
  • 注文がアプリで可能(写真と漢字でほとんど意味が分かるので、中国語は最小限で済む)
  • プリペイドは1元単位でチャージ可能(300元以上なら、額に応じ約10~20%のボーナスあり)。WeChat PayやAlipayも使える
  • 細かく状況をトラッキングできる
  • 全ての注文に保険がかかっている
短所
  • 中国語オンリー
  • (中国人の知り合いがいないと)周囲に利用者が少なく、評判が分からない

集荷が22時まで可能
というのは、単身者には大きな魅力です。平日、仕事の後でも大丈夫。

また、価格は全体的に日系より安価です。例えばジャケットのクリーニング代は、日系某店では厚手40元、薄手30元ですが、e袋洗では一様に25元。コート類もe袋洗の方が10~20元安いです(但し、シャツやベストは日系の方が安い場合もあります)。

そして、心配だった仕上がりですが、私自身が使ったところでは特に問題ありませんでした。変な臭い等がしないどころか、洗浄前の汚損等もチェックし、アプリ上で報告してくれます。万一衣服を傷める事態になっても、保険が掛けられているため、ある程度は補償が受けられそうです。

一方、中国語のみという難点はありますが、注文時には写真と漢字で意味がほぼ分かるかと思います。配達員とのやり取り(~時に到着とか)は、要望すれば、(電話でなく)SMSでも対応してくれます。

終わりに

以上を踏まえると、多少の言語の壁さえ越えられれば、日系クリーニングより、中国ローカルのe袋洗を使うメリットの方が多いかと思います。実際に出した衣服が戻って来るまでは不安でしたが、洗い上がりは日本国内の品質とほぼ同レベル。上海の日系クリーニングも悪評は聞きませんが、同じ品質なら、価格が安くて利用時間の自由が利く方を私は選びます。

次の記事では、利用のハードルを下げるべく、簡単な日本語解説付きでe袋洗の使い方を説明します。

おまけ

↓の画像からe袋洗にユーザー登録すると、30元分の優待券(≧ジャケットやセーター1着分のクリーニング代)をゲットできます。
edaixi