「中国では輸入品が高い」

これは中国生活の色々な場面で感じることですが、日本では安く買える外国食品も例外ではありません。

私の中で、その典型的な例は、イタリアン食材。
IMG_20190517_195637
例えば、よく行くローカルスーパーのスパゲッティ。写真はたまたま割引価格でしたが、普段は500gで14.5元(1元=16円として、232円。以下同様に計算)です。
topvalu_spaghetti
この値段は、日本でイオンが売っているオーガニックスパゲッティ(500g 税込213円)より高いです。同社のもっと安いスパゲッティなら、1kgで213円という商品さえあります。
IMG_20190517_195304
ちなみに、同じ「小麦粉麺」でも、中華ラーメンなら約半分の値段...(割引価格同士の場合)

また、スパゲッティ作りに欠かせないオリーブオイルも、やはり高いです。
エキストラバージンオリーブオイル(行きつけのスーパーでは、これしか売ってない)と中華食材のごま油を比べてみると...
IMG_20190531_190145 IMG_20190531_190210
100g当たりの値段は、オリーブオイルが10.4元(166.4円)、ごま油が5.18元(82.24円。プロモーションとありますが、いつも同じ)。こちらも約2倍の価格差です。
topvalu_oliveoil

日本なら、イオン・トップバリュのエクストラバージンオリーブオイルが、100gあたり106.58円(税込み)。同じ輸入品のオリーブオイルでも、関税の差か、日中間で結構価格の違いがあります。

何件ものスーパーを調査したわけではありませんが、私が知る限り、大体同じ傾向ではないでしょうか。

安く買う方法はある

しかしながら、「スパゲッティやオリーブオイルは、中国では絶対安く手に入らない」かというと、実はそうとも限りません。

これが不思議な点なのですが、何故かタオバオだと安く売っていたりします。まずは、スパゲッティ。
taobao-spaghetti
¥D2fAYfh0AzA¥ ←スマホでご覧の方は、¥~¥をコピーした後、タオバオのアプリを開いてください。

2kgと量は多いですが、冒頭の商品と同じ500gに直すと、その価格は僅か5.45元(87.2円)。イオンの最も安価なスパゲッティより更に安く、中国のラーメン価格と同等≒中国らしい物価です。
なお、麺は太目で、ゆで時間は10~15分。

続いて、エキストラバージンオリーブオイル。
taobao-olive
¥dmVDYfhYyvw¥←スマホでご覧の方は、¥~¥をコピーした後、タオバオのアプリを開いてください。

こちらも750ml×2本と量が多いですが、100g当たりに直すと、6.53元(104.48円)。中国のごま油価格には及びませんが、日本で買うのとは遜色ない値段です。

ちなみに、上で挙げたスパゲッティとオリーブオイルを使って作ったのが、こちら。
IMG_20190201_223742
日本で買ったペペロンチーノソースと、盒马鲜生で買ったイカリングを組み合わせました。上に乗ってるのはパクチー。

今回はイタリアン食材を例に挙げましたが、その他の輸入食品も、ノンブランドならタオバオで安く手に入るかもしれません。今後も探していきたいと思います。